【内向型HSPは会議が苦手】3つの理由と、会議で心がけると良いこと

苦手な仕事

今まで何度も転職しましたが、苦手な業務のひとつが会議でした。

午後に会議がある日は、朝から憂鬱でソワソワします。

  • 今日は部長からのブッコミはないか?
  • 意見を求められて、すぐ返せなくてシーンとなることはないか?
  • 今日の議題の資料は、ちゃんと揃ってるか?

気に病むことがたくさんあります。

今までの会議で失敗した記憶が、頭の中でよみがえります。

会議の序盤で発言できないと、どんどんのどが締め付けられて、声を発せなくなることもありました。

記事を読めば分かること
  • 内向型HSPが会議が苦手な理由が分かります。
  • 会議で心がけた方が良いことが分かります。
スポンサーリンク

内向型HSPは会議が苦手!3つの理由

HSPは会議が苦手

いろいろ考えていて発言が遅れるから

HSPは、ものごとを深く考える傾向があります。
出た意見に対して、メリット・デメリット、どんなリスクがあるかなど。

いろいろ考えて、頭の中で意見がまとまってから発言しようとします。

なので、どんどん話が進んでしまった場合は、発言するタイミングを逃してしまいます。

仮に、「しゃべらなければ」という思いから口を開き、考えていることの途中から話してしまったり、結論だけはなしてしまうこともあります。

時間がかかる理由

  • 会議の後に、データをより分けて整理する時間が必要だから
  • 自分の考えや感情を思い出して、付け加える時間も必要だから

その時間は、ワインをつくったり、パンを焼いたりするのと同じで、急かすことのできない必要な過程だからです。

エネルギーの消耗が激しいから

会議でみんなの話を聞くだけで、エネルギーが必要です。
自分の内側ではなく、外側に集中することは、大量のガソリンを食う四輪駆動車を走らせるようなものです。

そのため、話すためのエネルギーは、ほとんど残っていません。

仮に頑張って発言したときに、みんなの注意を引くことで、さらにエネルギーを消耗します。

発言すると緊張をさらに高めるから

HSPの人にとって、スラスラと話せる場面は、心地よくくつろいでいるときです。

会議中に対立があったり、他のなんらかの理由で刺激が過剰になると、「思考停止」におちいる恐れがあります。

思考停止して、うまくしゃべれない。

こんなことが過去にあった場合、さらにその時のことを思い出して、口を開くのをためらうようになります。

過去に、部長から不意に意見を求められることが何度かありました。

考えていない訳じゃないけど、すぐに言葉が出てこなくて、会議室がシーンとなりました。

何かしゃべるまで、解放してくれないのが本当に苦痛でした。
発言したらしたで、注目を集めてさらに緊張の繰り返しでした。

内向型HSPが会議で心がけると良いこと

HSPが会議で心がけると良いこと

非HSPと議論の仕方が違う

こんな考え方の違いがあります。

非HSP
  • 勝ち負けを決めるかたちで議論する。自らの正しさを強調する。
  • それにより、内向型の人は悪いことをした気分になる場合がある。
HSP
  • 双方が勝てるかたちで議論する。
  • 両者が、相手の言い分を聞くことを望んでいる。

外向型の人の好戦的なスタイルを、個人攻撃と受け止めないように注意が必要です。

HSPが会議で存在感を示す方法

  • 会議室に入ったときに、みんなと目を合わせて挨拶する(できれば笑顔で)
  • 会議中は、言葉以外の方法で、きちんと聞いていることを知らせる
    うなずく、目を合わせる、笑顔を見せる など
  • 何でもいいので発言してみる
    質問してもいいし、誰かの発言を別の言葉で言い換えてもいい
  • 平常心を保ち、呼吸を止めないようにする
  • 自分の主張に対する、予測される反論について、前もって考えておく
  • 誰かが、想定外の反論をしたら慎重に耳を傾ける
    その反論を、自分の言葉で要約して、合っているか相手に確かめる。
    そうすることによって、考える時間を稼ぐことができる
  • 反論が正当なものなら、相手を褒める
    「たしかにそうですね。その問題に対処する方法を、考えなくてはいけませんね」
  • それでも反論が続くようなら、相手に尋ねてみる
    「どうすればうまく解決できると思いますか?」
  • 貴重なアイデアと、反対する権利を、自分が持っていることを忘れない

非HSPが社内で受けがいい理由

非HSPの社内受け

受けがいい理由

・机の前を離れて、みんなのところへ行き、挨拶をする
・常に社内の噂に通じていて、週末は同僚と遊びに行く
・親切で、表現が豊か
・自分の手柄について語って、脚光を浴びるのが好き
・会議で、どんどんアイデアを出す
・人前で話すのが得意だし、電話のやりとりも好き
・決断が素早く、議論は楽しいものと考えている

自分をアピールする方法

・どんな種類の仕事や、業務に興味があるか、上司に伝える
・興味を持っている事柄について、社内報に短い記事を書く
・自分が携わった仕事を上司に話す
 「この前の問題、解決しましたよ。明日、報告書を出しますから」
・タイミングを見て、同僚と個人的な話をする
 たとえば、コピーやファックスの前に並んでいるとき、自分の趣味を話題におしゃべりする

まとめ

内向型HSPが会議が苦手な理由
  1. いろいろ考えているので発言が遅れる
  2. エネルギーの消耗が激しいから
  3. 発言すると、感じていた緊張をさらに高めるから

会議で議論するときに、HSPは双方が勝てるように議論を進めようとする傾向があります。

非HSPは、自分が勝てるように進めるので、自分が攻撃されたと思わないようにしましょう。

そして、

上記で紹介している「会議で存在感をアピールする方法」は、できそうなものから実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました