【HSPが仕事がつらいと感じたら】冷静になる。他人と比べない。

HSPと仕事

感受性が強く、刺激を受けやすいHSPにとって、仕事の悩みは尽きません。

他の人はスルーできるようなことが、ずっと引っかかったり、周りの目を気にしてしまいます。

自己評価が低いので、自分を必要以上に責めたり。
断れなくて、仕事を一人で抱え込む傾向があります。

この記事を読めばわかること

仕事がつらいときの間違った考え方と、正しい考え方がわかります

スポンサーリンク

「HSP」仕事がつらいときは冷静になる

HSP仕事がつらい

つらいときはいつか終わる

ある経営者の人の話

「景気のいい時期には、みんな、ずっとこの状況が続くと思っている。

しかし、景気のいい時期もいつかは必ず終わるのだ。
そして、不況になると、今度は、ずっと不況が続くと思っている。

これもいつかは必ず終わるのだ。だから私は、不況のときに投資をするのだ」

イヤなことも同じです。必ず終わりが来ます。
こんな状況がずっと続くと思っているから、この先もイヤなことが起こると悲観的になります。

過去にもつらいい時期があったと思います。その後、ずっと同じ状況でしたか?

その後に、いいこともあったはずです。
今の状況が死ぬまで続くわけではありません。

あなたは確実に成長している

学生の頃は、それなりに頑張って勉強してきたのに、社会に出ると知らないことだらけで、自分はなんてダメなやつなんだ。

社会不適合者かもしれないと感じたりします。

会社に入社後、頑張って仕事を覚えると後輩が入り、仕事をうまく教えられない。

やっぱりダメなやつだと落ち込む。
転職をしたら、また初めてのことばかりで、何も出来ない。

これは、当たり前です。

今までの経験とは、また違った能力が求められているからです。

壁にぶつかるたびに、落ち込むことは、新しいことに挑戦し続けている証拠です。

きっと、過去にぶつかった壁に再挑戦したときは、以前よりも楽に乗り越えられるはずです。

着実に成長していることに目を向けるのが大事です。
過剰に自分を責めたり、落ち込む必要はありません。

「HSP」仕事がつらいときは比べている

つらいときは比べている

「平均」「普通」を気にしない

平均年収や、平均的な友人の数。まわりのと比べて、自分はどうなのかを考えない。

「僕の給与は平均年収と比べて少ない。みんなもっと給与をもらっている」

「他のひとより友達が少ない。私は友達と呼べるひとが2人しかいない」

「平均」や「普通」を必要以上に気にして、自分は劣っていると思うのは間違いです。

すべてが平均や、全部普通のひとはいません。

みんなどこかでっぱっていて、どこかへこんでいます。
それが個性です。

この世に存在していない、「平均的なひと」「普通のひと」を追い求めるのはやめましょう。

自分で自分を評価する

同期のあいつの方が評価されている。
先輩にどう思われているか気になる。

こういう考えで頭がいっぱいになってしまったらどうしたら良いか?

答えはシンプルです。
余計なことは考えずに、今自分が任されている仕事をきっちりやる。

自分の評価は、自分で下していいんです。
他人の評価ほど、あいまいなものはありません。

他人から見て、あなたが使えるのか? 頑張っているように見えるのか? は、当てになりません。

その人の今日の機嫌によっても左右される、実態がないものです。

それでも、つらさがなくならないときは

つらさがなくならない

休んで充電する

仕事に追われて忙しくて、休むヒマがない。ずっと仕事に追われている状態になっていませんか?

そんなときは、本当に忙しいのか考えてみる。

実は、しっかり休んだ方が仕事の能率が上がることもあります。ずっと疲れたまま能率が悪い仕事をしているから、忙しくなっていないか考えてみましょう。

休みづらい会社の雰囲気がある。みんな休まず頑張っている。

みんながやっていることが「正しい行動」とは限りません。

「休んでもいい」と自分を納得させて、自分の健康を守りましょう。
休養して元気になった状態で働くほうが、会社にとってもいいはずです。

欧米の人たちが、たっぷり休みを取るのは、休まないと充電できないことを知っているからです。

無理なときは断る

責任感が強い人ほど「引き受けた仕事を、途中で投げ出してはいけない」と無理をしてしまいます。

やり遂げることは素晴らしいことですが、無理なときは「ノー」といいましょう。

それで、評価が悪くなったとしてもクビにはなりません。後からいくらでも挽回できます。

負担で押しつぶされる前に行動に移しましょう。
自分の性格、生き方を尊重して、自分らしくいきるための行動です。

こころの病を疑う

うつ病は自分で認識することが難しい病気です。
わけもなく不安になったり、ネガティブになるのは、自分の性格のせいだと思ってしまうからです。

こんな兆候が表れたら、うつ病のシグナルとして受け止めて、一度専門医に相談してみましょう。

  • 疲労感、倦怠感がいっこうに抜けない
  • 何に対してもあまり感動しないし、楽しくない
  • 何ごともやる気がない
  • 孤立してしまう、人嫌いになった
  • 決断力がなくなった
  • 好奇心、興味がなくなった
  • ぼんやりしていることが多くなった
  • 朝まったくやる気が起きず、夕方から夜に元気になる
  • 夜中に目覚めてしまう
  • 自分を責める気持ちが強くなる
  • 食欲が落ちる、または過食になる
  • 自殺願望を持つ

この他に、胃痛や下痢・便秘などの消化器障害を起こすといった症状もあります。

症状が一週間以上続く場合は、専門医の受診をおすすめします。

最後に

仕事がつらいときは冷静になる

■仕事がつらいときには冷静になりましょう

極端に視野が狭くなっている場合があります。

・つらいときはいつか終わる
・あなたは確実に成長している

■仕事がつらいときは周りの人と比べている

周りの人と比べて頑張っていないとか、楽にこなしているのにと考えるのはやめましょう。

たとえ同じ仕事をしていていも、人によって得意なことや、不得意なことは違います。みんなが違う難易度の仕事をしているから、疲れ方は違います。

・「平均」「普通」を気にしない
・自分で自分を評価する

■それでもつらさがなくならないときは

・休んで充電する
・無理なときは断る
・こころの病を疑う

コメント

タイトルとURLをコピーしました