【強い劣等感】から抜け出す「8つ」の方法|生きやすくなるためにすること

人間関係

仕事がうまくいかないときに、
「仕事で成果を上げている人」と自分を比べて、

「自分なんか・・」と落ち込む。

結婚できなくて悩んでいる人は、「結婚して幸せそうな人」ばかり目につく。

これは、強い劣等感のせいです。

落ち込んだときに、インスタを見るのも特徴のひとつです。

ヒマでどうしようもないときに、インスタで「キラキラした人達」の画像を見て、どんどん落ち詰められた気持ちになる習慣から抜け出しましょう。

この記事を読めばわかること

強い劣等感から抜け出し、生きやすくなるための方法がわかります

スポンサーリンク

強い劣等感から抜け出す方法

強い劣等感から抜け出す方法

劣等感が強いことを自覚する

劣等感がなさそうに見えるひとも、ゼロではありません。

「受け入れている」か「上手に隠している」だけです。

稼いでいるひとを見て、「すごいなぁ」と感じて、あのひとより自分は劣っていると感じるのは、みんな同じです。

ただし、受け入れているひとは他人と比べることがありません。

受け入れているひと
受け入れているひと

「あのひとすごいなぁ」
「自分とは違う生き方をしている人だな」

比べているときは、「あっ今、自分の劣等感が強くなってるな」と気づいて、強く感じてしまっていることを自覚することです。

自覚することで、比べることを意図的に止める。

あの人みたいに本当になりたいのか考える

あのひとは、すごく稼いでいていいな。
結婚しているひとは、愛されていてうらやましいな。

本当に、あなたが比べているひとみたくなりたいのか?

稼いでいる人
稼いでいる人

正直ものすごく稼いでいます!

けど、忙しくて自分の時間なんてほとんどないし、責任あるポジションなんで、ストレスは結構かかります。

結婚してる人
結婚してる人

結婚して幸せです!

けど、旦那の家族との付き合いとか、お互いの価値観の違いに悩むことはあります。

それでも、あの人みたいになりたい!と思えば、どうしたらなれるか真剣に考えてみる。

外側から見える「良い面だけ」を見て、うらやましいと感じているだけかもしれません。

それほどなりたくないかも?今のままの方が気が楽かも。と思えば、比べるのをやめる。

自分の意見を尊重する

周りに流される原因は、「自己卑下」しているからです。

自己卑下じこひげとは
自分は大したことのない、劣った者だと考えること。

「自分なんかどうせ」という考え方です。

そもそも、自信がないひとは、周りの人間に流されやすいという傾向があります。

それは、考え方に問題があります。

「自分はダメだ。
自分が考えたことなんて、どうせしょうもないこと」

こんな風に考えているので、周りの意見に左右されて、流されてしまいます。

たとえ、周りの人より自分が良い意見を持っていても、客観的に比べることなく、周りの意見を採用します。

なので、チャンスを逃しまくるか、他人に奪い取られることになります。

自分の意見がダメだと決めつける前に、客観的に判断する。

変えられないものを「どう捉えるか」は自由

変えられないもの

顔や身体は生まれつきのもので、基本的に変えようがありません。

ですが、それを「どんな価値観でどう捉えるかという自由」は許されています。

私は美人じゃない。

キレイなひとがうらやましい。

僕はイケメンじゃないし、背も低いから全然モテません。

一方で、美人さんイケメンさんにも悩みはあります。

「高嶺の花になりすぎて恋人ができにくい」

これは都市伝説ではなくて、本当のことらしいです。

容姿が飛び抜けていいひとは、好きなひとに想いを伝えると「なんで自分なんかを誘うんだろう?何か裏があるのでは?」と警戒されて、結果うまくいかない傾向があります。

身近に、そんな容姿の友達がいないので、あくまでそう言われているという話ですが。

何を言いたいのかというと、容姿端麗でも、それはそれで悩みが出てくるということです。

なので、ちょっとブサイクぐらいに生まれて良かった。と捉えるか、もっとカッコよくないと(可愛くないと)幸せじゃないと捉えるかで、まったく違ってくるということです。

どっちに捉えるかは「あなたの自由」

現状を変えたければ選択する

強い劣等感を持っている人は、文句を言いつつ、現状を維持する傾向があります。

誤解してはいけないことは、「今いる現状に満足することは、決して悪いことではありません」

むしろ、生きるのが楽になる考え方です。

ただし、「今を楽しんでいる」が大前提です。

劣等感が強い人は、自分の人生や境遇に文句を言います。なぜなら、他人と比べるからです。

「自分の人生をもっとこう変えたい」
「自分はもっとできるはず」

でも、現状を変える行動を起こさないのは、もし行動に移して、それが失敗したときにもういい訳できず、どうしようもない状態になるのが怖いからです。

チャレンジするのが怖い。でも、現状には満足していない。
だから、今を楽しめないし、未来の成功もないという状態です。

打開するには、どちらかを選ぶこと。

誰かに許可を求めるのをやめる

劣等感が強い人は、自分を下げているのに失敗するのが怖いから、責任を逃れるために、誰かに許可を求めます。

何かリスクがある行動を取るときに、自分で選択しません。

「旦那に(嫁に)に聞かないと」

「親に聞いてみる」

これは丁寧そうに見えて、責任を逃れたいだけです。

こうゆうことを繰り返していると、自分の人生を自分で変えたという感覚が得られないので、一向に劣等感から抜け出せなくなります。

失うものが何もない人は強いと言いますが、失うものが何もないにもかかわらず、保身に走っている状態です。

何も入っていない金庫を一生懸命守っているのと同じことです。

「この中には大事なものが入っているんだ!開けたことはないけど・・」

という矛盾を抱えて生きています。

劣等感から抜け出すには、誰かに許可を求めるのをやめること。

ストレスを避け過ぎない

ストレスを避け過ぎない

ストレスがない人生は、生きやすくて幸福感を得られる一方で、ストレスを避け過ぎると、達成感を得られないという側面があります。

過度なストレスからは、逃げるのが一番ですが、最低限のストレスからは、逃れてはいけないということです。

日常生活でストレスケアをすると、ストレスは減りますがゼロにすることはできません。

ある程度軽減して、処理できるかたちにして、意味があるストレスを乗り越えていくことが、人生において重要なポイントです。

ストレスの中でも「成長につながるストレス」は、喜んで受け入れていく方が、ストレスから逃げているひとより、はるかに健康的になりメンタルも良くなり、人生の満足度も向上します。

なぜなら、その先に「成長」「達成感」が待っているからです。

ストレスを避けているひとは、人生の満足度が逆に下がってしまいます。または、逆にストレスを受ける。ネガティブな感情が湧いてきます。

過去に、ストレスを乗り越えた経験があると、あのときに比べたら今のストレスはまだマシなほうだ。だから、乗り越えられるはずだという自信にもつながります。

自分が「ストレスマネジメントできるくらいのストレス」からは逃げない。

無条件に自分を許す

「もっと〇〇だったら自分を好きになれるのに」

「自分の〇〇なところが許せない」

自分の価値を認める上で、「〇〇だったら」という『条件』を使うと、必ず比較が生まれます。

比較するということは、自ら劣等感を感じに行っているようなものです。比較や根拠なしに、自分を許して認めることです。

「すぐに落ち込んで傷つきやすい自分を許す」
「趣味も仕事も長続きしないのも自分」

こんなに自分に甘くしたら、ダメ人間になってしまう。

真面目で誠実なひとほど、こんな風に考えます。

けれど、「落ち込まないし、少々なことじゃ傷つきもしない自分」にたとえなったとしても、もっと打たれ強いひとはいるし、まったく動じないひとがいます。

今、自分のことを「落ち込みやすい」「傷つきやすい」と感じているのは、「あの人と比べて落ち込みやすい」「あの人に比べて傷つきやすい」という比較から、自分を認識しています。

世界中のひとが、落ち込みやすく、傷つきやすければ、自分が特別落ち込みやすいとは思わないはずです。

いわば「〇〇だったら許せる」は、永遠にたどり着けない目標になり、いつまでも幸せになれない呪いでしかなくなります。

比較と根拠は、劣等感とセットです。

なので、「もっと打たれ強くなりたい」は目標にとどめて、今の打たれ弱い自分も良しとして許して認める。

まとめ

  • 劣等感が強いことを自覚する
  • あの人みたいに本当になりたいのか考える
  • 比べる対象を「過去の自分」にする
  • 自分の意見を尊重する
  • 変えられるものと変えられないものを分ける
  • 現状を変えたければ選択する
  • 誰かに許可を求めるのをやめる
  • ストレスを避け過ぎない
  • 無条件に自分を許す

現代は、SNSの急速な普及で、他人と比較することが増えました。

昔は、比較する対象が「自分の身の回りの人」だったのが、「世界中の人」になり、目標や憧れの人を探しやすい一方で、強い劣等感を受ける環境にあります。

SNSは、自分の最も良い面だけを載せるという特徴を知らないと、常に「他人の絶頂期」と「自分の絶不調期」を比べて、無駄に落ち込んでしまいます。

比較という競争から離脱して、比べる対象を「過去の自分」に変えて、自分の成長を感じて自己受容することが、生きやすくなる方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました