【HSPの適職】とは?特性を活かした仕事。繊細な人が向いている仕事を厳選

適職

繊細すぎるHSPは、日常生活では生きづらさを感じます。

ですが、HSPは「他の人が見過ごすことも気づける」

「人の痛みや感情を感じ取ることができる」など、強みもたくさんあります。

強みを仕事に生かせる「HSPにとっての適職」を分類しました。

はやま
はやま

こんにちは。強度HSPのはやまです。
この分類は、個人の意見なので、適職探しの参考程度にご覧ください。

同じHSPでも、軽度から強度の人では、感じ方も違います。

例えば

辛い物が苦手な人の中には「全く受け付けない人」「少しなら大丈夫な人」がいるように、同じ苦手でも、耐えられる辛さが違います。

スポンサーリンク

HSPの特性を活かし、向いている仕事

HSPの特性を活かした向いている仕事

共感力を活かす

相手の表情や仕草で、相手の思っていることを感じとることができます。

ことばの裏表が分かるので、それが建前なのか、本音なのか気付きます。

  • 臨床心理士
  • 心理カウンセラー
  • セラピスト
  • マッサージ師
  • 整体師
  • フラワーコーディネーター

その相手は、人間に限らず、動物相手でも感じ取ることが出来る特性があります。

  • 動物園の飼育員
  • 獣医
  • トリマー

正確性を活かす

些細なことが気になり、細部にまでこだわりが強い特性があります。

完璧主義者でもあり、中途半端にすることがありません。

行動に起こす前に、深く考えるので、「他の人が気づけない小さな違い」に気づくことができます。

  • 事務
  • 経理
  • データ入力
  • 自動車整備士
  • 電気機器の製造業
  • 工場のライン作業
  • 検査、検品作業
  • 倉庫作業
  • 農業
  • DTPオペレーター

繊細さを活かす

繊細で丁寧な作業が得意な特性があります。

1つのことに没頭して取り組んだり、コツコツと作業することも得意です。

少人数の職場や、ひとりで出来る仕事に向いています。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ソフトウェア開発
  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • ブロガー
  • 警備員
  • 清掃員
  • 家事代行
  • 図書館司書
  • 学芸員

感受性を活かす

内向的な人が多いHSPは、自分の内面と向き合い、さまざまなことを常に考えています。

受け取る情報量も、非HSPよりも多い傾向があります。

例えば、「渋谷のスクランブル交差点」に、30分立っていたときに感じるもの
  • 声、クラクションの音、電車の音、鳥の鳴き声
  • 食べ物の匂い、体臭、排気ガスの匂い
  • 近くの人の体温、車やアスファルト、太陽、風の温度
  • 電光掲示板の光、大勢の服の色、走りすぎる車

非HSPよりもさまざまな刺激を受けます。五感が敏感なことは、職種によっては強みにもなります。

  • デザイナー
  • イラストレーター
  • 画家
  • ハンドメイド作家
  • カメラマン
  • ミュージシャン
  • コピーライター

HSPの特性は活かせるが、向いていない仕事

特性は活かせるけど向いていない仕事

全く合っていないわけじゃない。

むしろ、周りより仕事ができる。

反面、共感しすぎて自分を消耗する。転職すべきか一番迷う職種です。

  • 接客業
  • 販売業
  • サービス業
  • コールセンター
  • 窓口対応
  • 受付
  • 看護師
  • 介護士
  • 教師
  • 俳優

共感力を活かせる。ただし、共感力と繊細さが影響し「気疲れしやすい」

高い共感力で、人の痛みや、感情が分かる特性を活かせます。

しかし、不特定多数の人と接する機会が多い職種は、HSPにとって疲れやすい原因になります。

HSPは、初対面の人と会ったときに、さまざまな思考をめぐらせます
  • この人はどんな人なのか?
  • 機嫌がいいのか?悪いのか?
  • どうゆうしゃべり方が合っているのか?
  • どんなことを求めているのか?
  • 途中で不機嫌になったが、私が怒らせただろうか?

お客様の気持ちを考えることは、仕事としては必要なことで、特性を活かせます。

ただし、HSPにとっては、受け取り過ぎてしまいます。

一日中考え過ぎて、家に帰るとグッタリすることがあります。

ほどほどに共感できる人にとっては、適職だと言えますが、うまく調整できないひとは向いていない仕事になります。

はやま
はやま

僕も、以前ホテルマンをしていましたが、家に帰ると体より頭がグッタリしていました。寝る前にも思い出し、この頃は寝つきが悪かったです。

HSPの特性が活かせず、向いていない仕事

HSPの特性上向いていない仕事

向いていないことを自覚しているが、逃げてはいけない、続けることが良いことと思い込みがある。もしくは、思い込もうとしている。

共感力と繊細さが影響し「気疲れしやすい」職種です。

特性をまったく活かせないわけではありませんが、活かすよりも気疲れすることの方が多い職種です。

  • 建設現場
  • 不動産仲介業
  • 保険外交員
  • 営業職全般
  • 飲食店スタッフ
  • タクシーの運転手
  • バスの運転手

この職業は「外交的」な人が、得意な職種であり、会社からも評価されます。

内向的な人が多いHSPにとって、向いていない仕事です。

外交的な人は、感情を表に出すことが多いので、近くにいるとその人の影響を受けやすいです。

また、「飲食店スタッフ」などは、お店の状況次第で、同時に臨機応変な対応が求められます。

「タクシー、バスの運転車」は、乗客に対して気づかいしつつ、運転中にもさまざまな刺激を受けマルチタスクが苦手なHSPには向いていません。

そもそも、HSPは運転が苦手な傾向があります。

はやま
はやま

ただし、運転が好きな人なら、ひとりの空間が持てる「トラック運転手」は、向いている仕事です。

まとめ

最初に言いましたが、向いている、向いていないは、僕個人の意見です。

僕は強度のHSPであり、今まで「工場のライン作業」「コールセンター」「ホテルマン」「清掃員」など6回の転職経験があります。

詳しくはこちらの記事で

僕がHSPだと自覚する前は、向いていないという意識はありませんでした。

自分が苦手だと思っていることは、みんな同じように感じているけど、頑張って克服してきた人たちだと思っていました。

ですが、HSPという言葉を知り、それが生まれながらに「脳のしくみ」が違うと分かり衝撃でした。

今まで、「どんなにつらく感じても逃げてはいけない。職場の人たちは乗り越えてきたのだから」と思っていたことが間違っていました。

5人に1人がHSPです。80%の人はあなたのようには感じていません。

今まで、感覚が違う非HSPの人に、相談しては「気にしすぎ」と言われ続けてきました。

これからは自分に合った職場で、特性を活かして働きたいと切実に思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました