HSPは【人前で話すことが苦手】知っておきたい原因と対処法

苦手な仕事

HSPは、その場の空気を敏感に察知します。

人の細かい仕草や表情にも敏感です。

だから、さまざまなことを考えてしまい、人前で話すことが苦手です。

悩む人
悩む人

来週プレゼンしなきゃいけないのに、

人前で話すなんて、絶対緊張する・・

はやま
はやま

こんにちは。はやまです。

僕も、プレゼン発表のときは、すごく緊張しました。

しかも赤面症です。原因を知れば対処できますよ。

この記事を読めば分かること
  • 「あがり症」で、人前で話すことが苦手な原因
  • 人前で話すときの対処法
スポンサーリンク

HSPが人前で話すことが苦手な原因

HSPが人前で話すことが苦手な原因

空気を読みすぎる

自分のプレゼン発表の前に、今月の売上が議題で、売上が下がっていて、みんな険しい顔をしている。

ピリピリした空気をビシビシ感じる。

部長が声を荒げているから、聞いている人の「もうこの会議早く終われ」という気持ちが伝わってくる。

そんな空気の中で、プレゼンなんてしたくないです!

HSPは、感受性と共感力が強いので、

その空気に影響を受けやすいです。

失敗したときを想定し過ぎる

HSPは、なにか行動する前に、さまざまな想定をしてから動きます。

これは、ある意味失敗を未然に防げたり、危険なものから身を守れる特性とも言えます。

ですが、プレゼン発表など人前で話す前は、失敗の想定をすればするほど怖くなり、その失敗がリアルなものに感じられます。

  • 言葉がうまく出てこなかったらどうしよう
  • 想定外の質問をされたらどうしよう
  • 噛み倒して笑われたらどうしよう

失敗するイメージばかり、浮かんでしまう・・

人間以外の動物にもHSPがいます。

自然界において、危険を察知する特性は、身を守る上で大切な特性です。

ですが、仕事をする上で、想定しすぎるのは「怖さ」になります。

聞いている人の感情が分かり過ぎる

HSPは、相手の表情や仕草を見て、その人が今何を考えているか感じることができます。

例えば、聞いているひとがこんな仕草をしていたら気になります。

  • こっちを見ていない
  • あくびをしている

その人を見て、HSPはこっちを見てちゃんと聞いてくれないのは、自分が悪い?

あくびが出てしまうくらい、僕が話していることはつまらないのか?

など、さまざまなことに思いを巡らせて、なんとかしなきゃと焦ってしまいます。

HSPが人前で話すときの対処法

HSPが人前で話すときの対処法

納得いくまで資料をつくる

事前準備の段階で、やれることをやりましょう。

HSPは、細部にまでこだわりが強く、完璧を求める傾向があります。

もう思いつかないところまで考えて、自分が納得するまで資料を作りましょう。

想定した質問の答えも、あらかじめ用意しましょう。

他の人が気付かないところにも、気が付くHSPのあたなたが作った資料なら、きっと完成度が高いものが出来るはずです。

経験が足りないのであれば、それはみんな分かっています。大ベテランの視点や経験は求められていません。

今のあなたに出来るものを作れば大丈夫です。

安心できるまで練習する

「失敗するイメージが起きない」と思えるまで練習しましょう。

出来るだけ、実際の発表する場所と近い場所で練習する方がよいです。

第一会議室で発表予定なら、会議室が空いている時間に、ひとりで本番を想定してやってみましょう。

僕もプレゼン前日は、会議室でひとり、鍵を閉めて何度も練習していました。一度先輩に見つかりましたが、関心されても、怒られはしません。

言いたいことを絞るのもよい方法です。

3つくらいにまとめて、「それだけを伝える」ことを意識しましょう。

失敗してもしょうがないと思う

自分が納得できる資料をつくり、何度も本番を想定した練習をして、それでも失敗したら?

それは、もうしょうがないです。

どんなに、綿密に計画しても失敗はします。

ただ、納得できる準備をしないまま、失敗するときとは「後悔」や「反省」の仕方が全然違います。

今の自分がやれるだけのことをしたのだから、それが今のあなたの実力です。

「もっとうまく出来たはずなのに

そう考えるのは、あなた自身が自分を過大評価しています。

もっと自分はできるはずだ。

こんな実力じゃないはずだ。

これは、仕事をする上で大事なモチベーションにもなりますが、

あなた自身が、越えられそうもない高いハードルを自分の目の前に出して、苦しめています。

自分を過大評価せず、頑張った自分を褒めてあげましょう。

褒められたところを素直に受け取る

そこまで全力をだしたなら、その頑張りに気づいた人は必ずいるはずです。

その人にかけられた言葉は素直に受け取りましょう。そこに裏はありません。

  • さっきの発表良かったよ
  • 昨日練習してたの見たよ、なかなか良く出来ていたぞ

それでも、わざわざ失敗したところを言いに来る人もいます。

その人は「あなたのことを気にかけている証拠」です。

もしくは、予想よりうまくいったことに対する嫉妬です。

気にせずスルーしましょう。

まとめ

気づきやすいから緊張しやすい

なにごとにも「気づきやすいから」緊張しやすい傾向があります。

その反面、「気づきやすいから」失敗を想定して未然に防いだり、より良いものにしようと意欲がでます。

4つのポイントで「人前で話すのが苦手」に対処しましょう。

  • 納得いくまで資料をつくる
  • 安心できるまで練習する
  • 失敗してもしょうがないと思おう
  • 褒められたところを素直に受け取る

HSPだから、良いこともたくさんあります。

特性をうまく活かしましょう。

来週のプレゼン頑張ってみます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました