HSPが苦手なこと【美容室編】いろいろ気にし過ぎて疲れる原因

苦手なこと

私は強度のHSPです。

HSP気質は、細かいことが気になる特徴がありますが、私がもっとも苦手なのが「美容室」です。

さまざまなことが気になり、家に着いたら「安堵」「疲労」でドッと力が抜けます。

緊張で汗がすごくて、切った髪が顔中に貼りついた苦い経験があります。

少しでも美容室で、疲れないためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

なぜHSPは美容室が苦手なのか?

HSPは美容室が苦手

過剰にいろいろ気にしてしまう

一番気にしてしまうのは、美容師さんに対してです。

はじめて行く美容室なら、自分と気が合うかがとても重要です。

初対面の人に、「自分が想像しているヘアスタイル」を伝えることは、かなりハードルが高いです。

ヘアカタログの画像を見せるのが、一番伝えやすいのは知ってます。

ですが、人の裏表を敏感に感じるHSPにとって、美容師さんの表情や言葉で困っているんじゃないか?と、勝手にいろいろ想像してしまいます。

はやま
はやま

こんな画像みたくならねぇーよ!って思われてる・・

実際は・・

美容師さん
美容師さん

「画像のように仕上げるには、どうゆう手順でカットしようかな~」

僕も一度だけ、スマホでヘアカタログを見せて、お願いしたことがあります。
美容室に入る前から、見せるという強い決心で挑みました。

幸いイメージどおりにカットしてくれましたが、相当な緊張感でした。

HSPが苦手なものが多い

気になる「美容室の店内」
  • 照明が明る過ぎる
  • 仕切りがなく、いろんな人の目線が気になる
  • カラー剤などの独特なにおいがする

店内の装飾が白で統一され、さらに照明が明るいお店が苦手です。

広すぎるお店は、ガヤガヤし過ぎて終始落ち着かない。
仕切りがないので、お客さんや美容師さんの目線に緊張します。

逆に2席などの小さいお店だと、もう一人のお客さんが作る空気に馴染めないし、馴染まないといけないとプレッシャーがかかります。

よくしゃべる人だと、自分も美容師さんとしゃべらなければと思い、静かなお客さんだと、自分がしゃべったら、うるさいかなと感じます。

どっちに転んでも息が詰まります。

普段嗅ぎなれないカラー剤の匂いも、刺激が強いです。

カット中に何を話していいのか分からない

カットしている女性

HSPは、世間話が苦手です。

浅い話より、深い話を好む傾向があり、僕もそうです。

天気の話をされても、興味がないし、膨らませる話術はありません。
この後どこに行くのか聞かれても、基本1日に2つの予定を入れたくないので「家に帰る」か、「食料品を買いにスーパーに行く」だけです。

はやま
はやま

なにより、美容室に行くことが、今日のビッグイベントです。

そして、また考えすぎます。

沈黙だと美容師さんが、「このお客は、どんな話題を振ったらいいのか分からない」と困らせているんじゃないか?

さらに、後で先輩やオーナーから「もっとコミュニケーション取れ!」と、美容師さんが怒られてしまうのではないか?

と、考えてしまいます。

HSPが美容室を予約するときのポイント

はじめて行く美容室は、いろいろな不安があります。

僕も、転職で何度も引っ越ししているので、そのたびに美容室探しに苦戦しています。

はやま
はやま

いままで、札幌市、静岡県、愛知県、北海道の田舎(現在)と
引っ越してきました。

ホットペッパービューティーを活用する

そもそも電話が苦手なので、予約はいつも「ホットペッパービューティー」を活用しています。

予約の時のオススメは「詳細要望」の入力です。

ここで、カット中どのように過ごしたいか、要望を出すことができます。

ホットペッパービューティーの検索画面
ホットペッパービューティーの要望欄に記入する様子

なりたいイメージ画像も、予約の段階で美容師さんに伝えられるので、来店時の不安な気持ちがやわらぎます。

レビューを書いている年齢層と性別をチェックする

コメントの内容はもちろんですが、他にも「年齢層」と「性別」を必ず見るようにします。

若い人ばかりの美容室だと、雰囲気が落ち着かなく、とても場違いなところに来てしまった感じがして苦手です。(はやまは40代前半です)

また、女性ばかりのレビューだと、美容室ページに「メンズOK」と記入があっても、なんとなく尻込みしてしまいます。

どんな美容師さんか事前に確認する

正面の写真ではなく、美容師さんの雰囲気が分かる画像が、掲載されているかチェックします。

美容師さんが、すべて女性だと選択肢から外しています。

キラキラした空間で、キラキラした女性に髪を触られるのがひどく緊張します。

はやま
はやま

40代になり、前髪が薄くなってきたのも恥ずかしさのひとつです・・

キラキラした美容師さん
キラキラした美容師さん

お仕事なので、何も気にしないですよ!

ここでHSPの自意識過剰が出てしまいます。
たとえ、男性でも若いイケメンだと、それはそれで緊張します。

HSPが美容室で疲れない過ごし方

HSPと美容室

少し会話してから雑誌を読む

「これからどこか行くんですか?」という会話をかわすため、髪質や髪型の話をこちら振ります。

これは、「私は別に怒って、黙っている訳ではありません」「髪の話なら大丈夫です」というアピールになると思って話しています。

ただ、髪の話ばかりすると、こだわりの強い客となってしまうので、他の時間は雑誌を読みます。

いつも困るのですが、落ちた髪が雑誌にはさまらないように、体からの距離は気にしています。
下を向きすぎるとカットしづらいと思うので、目だけを下に向けます。

非HSPも実は美容室が苦手?

美容室は五感が敏感なHSPにとって、苦手なことが揃っていますが、非HSPにとっても、苦手な人が多くいます。

YAHOO!知恵袋で「美容室」「苦手」で、検索した結果です。(2020年10月現在)

yahoo!知恵袋の検索結果

3,059件の検索対象がありました。

美容室で平気そうに、楽しそうに話している人も、実は少し無理をして頑張っていたり、克服したのかもしれません。

苦手なのが、自分だけじゃないと分かれば、少し気が楽になると思います。

次回につながるようにする

もしも、はじめて行った美容室が、自分に合うと思ったら、次回にも来やすい状況をつくりましょう。

僕がやっているのは、

  • イメージ通りの髪型になったことを伝える。
  • 次回来たときも同じスタイルにしたいときは、どんな風に伝えたら良いか聞く。

これで、その美容師さんにオーダーするとき、どんな伝え方をしたら良いのか、言葉の選び方がわかる。

次回も来ることをアピールして、少しでも顔を覚えてもらう。

お客さんに「期待通りの髪型になった」と言われて、嬉しくない人はいないでしょうし、次回も来るなら顔を覚えておこう、という気持ちにもなるはずです。

最後に

おしゃれな美容室

20代の頃は、自分がどんな美容室が向いているのか分からず、おしゃれなところに行ってしまいました。

美容室に行きたくなくて、自分で切っていたこともありますが、どんどんおかしな髪型になっていきました。

事前の店選びを失敗しないように、ホットペッパービューティーを活用してみてください。

自分にピッタリの美容室が見つかれば、ストレスは激減するはずです。
僕は「ここかも?」という段階の美容室を見つけました。
次回も同じ店に行く予定です。

はやま
はやま

一緒にお店選び頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました