【内向型と外向型のカップル】気質が違うパートナーとの付き合い方

人間関係

「なぜ、そんな風に考えるのか理解できないよ・・」

「なぜ、気持ちを分かってくれないの・・」

それぞれの気質によって、ものごとの感じ方はさまざまです。

相手に対して理解できない部分は、もしかしたら「気質の違い」かもしれません。

この記事を読めば分かること

内向型、外向型のカップル。それぞれの付き合い方が分かります

このページのパートナーとは、男性女性の異性カップルとしていますが、同性でも友達でも同じことが言えます。

スポンサーリンク

内向型の男性 × 外向型の女性の場合

カップル

対立が生まれやすいのは、この気質の組み合わせのカップルです。

外向型
外向型

「彼といっしょにいると、イライラしちゃうの」

内向型の男性は
・脅威を感じます。または、自分の気持ちを無視されていると感じます。

外向型の女性は
・男性の静かな性格を弱気、頼りないと感じます。

この組み合わせのふたりは、自分たちの関係に「さみしさ」や「物足りなさ」を感じます。

問題を解決することはできますが、お互いの持って生まれた気質を変えることはできません。

内向型
内向型

「どうして、家でゆっくりくつろいで、のんびりしていられないのか」

外向型
外向型

「あなたはただ、すべてから逃げたいだけよ」

内向型
内向型

「ゆっくりしたい、バタバタするのは嫌だ」

外向型
外向型

「そんなの退屈。もっといろんなところに出掛けたい」

内向型
内向型

「毎週出掛けるなんて、仕事より休日の方が疲れるよ・・」

男性は、自分はもっとペースをあげるべきだと思っています。
女性は、ひと休みすることに、恐れを感じています。

どうしたら良いか?

それぞれ、自分の気持ちを正直に話し合うことです。

◆自分が味わってきた失望について。
◆自分が抱いていた期待や希望について。

話し合いするには、事前にルールを決めるとスムーズに進めることができます。
ただの言い争いで終わらせないことが重要です。

【1】話し合いのスケジュールを組む
   「開始時間」と「終了時間」を相談して決める。

【2】ちゃんと出来たら、自分たちにご褒美をあげる
   好きなデザートを一緒に食べる。
   映画を見に行く。など

【3】もし問題が起きたら、必ず原因を話し合う

※注意 話し合いの「終了時間」が来たら、必ず終了することです。

このカップルの利点と難点

利点
  • 昔ながらの男性が優位という関係よりも、女性が力を持つ
  • 双方が自由を持てる。お互いの活動レベルのバランスを取ることができる
  • 男性が女性の言うことに耳を傾け、その意見を重んじる
難点
  • 男性が女性に圧倒されたり、息苦しさを感じたりする恐れがある
  • 女性が男性を恥じる可能性がある。弱気、受け身など
  • 男性が自尊心を失う恐れがある

外向型の男性 × 内向型の女性の場合

気質

気質の違う者同士のカップルで、一番多いパターンです。

内向型
内向型

「いつもわたしばかりが、振りまわされる」

外向型の男性
・外向的欲求を仕事によって、ほぼ満たしている。
・帰宅するころには休憩したくなっているし、親密な会話が苦手。

内向的な女性
・親密な会話を求めている。
・男性の帰宅後に、まともに取り合ってくれず「さみしさ」を抱えている。

このカップルの利点と難点

利点
  • 女性が男性の言うことに耳を傾ける
  • 女性が活動的、社交的になるよう、男性が仕向ける
  • 男性が女性の時間をほとんど求めないため、女性は自由な時間をたくさん持てる
  • 女性がひとりでいるのが好きなので、男性はより自由に行動できる
難点
  • 男性側が女性の求める会話に応じないことが多い
  • 女性が自分の考えや気持ちを話さない恐れがある
  • 男性がふたりの関係の問題点をすべて女性のせいにして、女性はその非難を受け入れる、もしくは、無視する恐れがある
  • 女性が自分の要望を率直に伝えられない可能性がある

内向型の男性 × 内向型の女性の場合

退屈
内向型
内向型

「心地いいけど、退屈だわ」

同じ感覚で、一緒に楽しめることが多い
・表に雪が降り積もっているとき、ふたりで読書する。
・夜に一緒にボードゲームをする。
・公園をウォーキングする。
・コンサートに一緒にでかける。

しかし、たとえそれが満足のいく関係だったとしても、同じことが延々と続けば、マンネリ化を感じはじめます。

お互いの不満点

・毎晩同じことの繰り返し、テレビを見るか、本を読むか。
・何もかもパートナーと一緒にさせられている感覚になる。たまには、自分の友達と出かけたい。

「外からの刺激」や「友達づきあいの不足」が不満に感じはじめます。

なんでも一緒にするのに慣れてしまうと、休日を別々に過ごすことに勇気が必要になる。パートナー抜きで何かを始めようとすると、不安に感じるようになる。

さらに、長いことべったりくっついていたカップルが、病気、子どもの問題、失業などのストレスに見舞われると、すべてが崩壊しかねません。

なにか変化をもたらす出来事があるまで、自分たちの問題に目をつぶっていることが多いのが特徴です。

マンネリから脱却する方法

  • 自分たちの関係が停滞していることに目を向ける
    お互いに「ちょっと飽きていない? 」と聞いてみる
  • ときどき、友達や他のカップルと会う約束をして、つきあいを広げる
  • 月に1度外にデートに行く。プランを立てるのは交替でする
  • ひとりで何かやってみる。別々の友達と会ったり、自分だけの趣味を見つける
  • 何かかわったことを一緒にやる計画を立てる
    ・行ったことのない場所へ遠出する
    ・新しいレストランで食事する
    ・お互い相手の好きなアイスクリームを食べてみる
    ・やったことがなければ、ボルダリングに挑戦する

このカップルの利点と難点

利点
  • お互いの話によく耳を傾ける
  • 物事を辛抱強くじっくり考える
  • お互い、相手に「プライバシー」と「静けさ」が必要であることを理解できる
  • ほとんど摩擦が生じない
  • 外界と接触しなくなる恐れがある
  • あらゆることを「自分たちの視点」からとらえる傾向がある
  • 摩擦や行き違いを避ける傾向がある
  • 情緒面で、お互いに頼りすぎる恐れがある

共通するうまく付き合う方法

付き合う方法

相手のメガネをかけてみる

同じ出来事でも、パートナーにとってはどう感じるのかを考えてみる。

「あなたにとってはどうなの? 」
「きみはなぜそれが好きなの?」
「別の気質を持っているのはどんな感じなの?」

相手にとっては、この世界はどう映っているのか?そうの疑問は好奇心から来ます。

好奇心によって、関係は育ち、発展します。

お互いの気質を知る

内向型の人の気質
  • エネルギーや熱狂や興奮を内に秘める。それを、ごく親しい人とのみ分かち合う
  • 個人的なことは、なかなか他人に打ち明けない
  • 質問に返答するには、考える時間が必要
  • 1対1のコミュニケーションを好む
  • 話を引き出してもらうか、話すようにすすめてもらう必要がある
外向型の人の気質
  • エネルギーや熱狂や興奮を、近くにいる人と分かち合える
  • 個人的なことを気楽に話す
  • 質問に対して返答が速い
  • 1対1でも、グループの中でも、同じように気楽に楽しく会話できる
  • 話しながら考えることができる

気質に合った話し方をする

内向型のパートナーへの接し方

  • こちらから聞かないと話さないことがあるので、その日の出来事を尋ねてみる
  • 途中で話をさえぎらない
  • ときには、メールなど文字でコミュニケーションをとる
  • 何もしない休日を一緒に楽しむ

話を途中でさえぎると、内向型の人は、また話出すまでに余分なエネルギーが必要になるためです。最後まで聞いてから話すようにする。

外向型のパートナーへの接し方

  • 短く簡潔に話すようにする
  • 必要なときは、恐れずに怒鳴ったり、大きな声を出す
  • 頭の中で考え過ぎずに、浮かんだ言葉をそのまま伝える
  • 外向型のパートナーのペースに無理に合わせず、会話の途中に間をとってみる

怒鳴ったり、大きな声を出すのは、相手に本気だと伝えるためです。

ゆっくりしたペースだと、外向型の人には本気だと伝わらないことがあります。

まとめ

これは、パートナーとの付き合い方以外にも、友達や職場の人にも覚えておきたい方法です。

うまく付き合う方法
 ①相手のメガネをかけてみる
 ②お互いの気質を知る
 ③気質に合った話し方をする

コメント

タイトルとURLをコピーしました