HSPが【無職】のときに、陥りやすい『負の思考』ループ。過ごし方とは?

HSPと仕事

HSPにとって、無職期間は簡単にネガティブな思考のループに入る魔の期間です。

はやま
はやま

こんにちは。強度HSPのはやまです。

僕も今、魔の期間のど真ん中です。

なぜこんなに不安になるのか?
どうやって過ごせばよいのか?

この記事を読めばわかること
  • 無職で感じる「不安の原因」
  • 無職期間の「過ごし方」がわかります
スポンサーリンク

HSPが無職で感じる「不安の原因」

HSPが無職で感じる不安

無職の不安は、誰もが感じることです。
ですが、自己肯定感が低いHSPは、より不安が増大しやすい傾向があります。

「自分はダメ人間だ・・」

漠然と必要以上に自分を責めずに、不安の正体を知りましょう。

引け目を感じるから

無職になると、自分は社会不適合者なのでは?と感じてきます。
そして、働いている人が「とてつもなく偉い存在」に見えてきます。

ですが、これは他人から何か言われた訳ではなく、自分自身が思っている気持ちの問題です。

実際、友人やご近所さんに「無職で気楽そうでいいな~」と言われた訳ではなく「想像」です。

もし、友人が訳あって無職だった場合。
僕なら「今まで働いてきた分、ゆっくり休んで」と言います。

なぜ無職になったのか?理由は人それぞれです。

はやま
はやま

僕も、自分が分かっていれば、それで良いと思うようにしています。

将来のことを考えるから

このまま無職の期間が続けば、どうなってしまうだろう?
と、考えるだけネガティブな発想が生まれます。

そして、国民年金、国民健康保険、住民税、家賃、食費、光熱費など、たとえ何もしなくてもお金がかかります。貯蓄がどんどん減っていくことで、不安も加速していきます。

「お金が尽きたらどうしよう・・」

「また再就職できるのかな・・」

無職が続くと、履歴書の空白期間が増えてしまう不安もありますね。

孤独感を感じるから

外に出る理由が減るので、家に引きこもりがちになります。
休みになったらしようと思っていたことは、やり尽くし。済ませたかった用事もなくなります。

無職で自由な時間が出来ても、友人は普通に仕事しているから、会うのは難しい。

それに、今の自分の現状から、連絡するのをためらい、疎遠になりがちです。

この機会に、少し遠出するにしてもひとりで計画して、ひとりで行くことになります。

やっぱり、家に引きこもり、孤独感が増大するの繰り返しです。

過去、奮闘していた仕事体験談はこちら

HSPの無職期間の過ごし方

HSPの無職期間の過ごし方

予定はないが、規則正しく起きる

朝早く起きる必要がないと、生活のリズムが崩れます。
お昼近くに起きると、結局1日何もしないで終わってしまい、夜罪悪感が増します。

予定はなくても、朝ごはんを食べ、生活リズムを崩さないことが大切です。

太陽の光を浴びることで、夜寝つきがよくなります。

夜に考えごとをしても、ネガティブな想像をして落ち込むので、自律神経が整っている朝考えましょう。

勉強する

仕事している時には、「忙しい」を理由に手を付けなかった資格の勉強をする。

言い訳が出来なくなった分、やりやすいと思います。

今は、仕事関係の資格は勉強する気が起きないし、考えたくない。
と、いう気持ちであれば、趣味で興味が湧く資格でも良いです。

趣味系検定は、日々の生活が豊かになり、毎日がちょっと良くなります。

例えば・・

  • 旅行地理検定
  • 色彩検定
  • アロマテラピー検定
  • インテリアコーディネーター

勉強をしているという口実があれば、自分をすこし許せるし、世間に対する引け目も和らぎます。

毎日10分でも外に出る

一日部屋にこもっていると、不健康になるし、社会から切り離された感覚も増します。

1日1回コンビニでも良いので外に出ると、社会不適合という思い込みは減少します。

日中出かけずらい人は、明るめの服を着て不審者感をおさえて、夜に散歩でも良いです。または、知り合いが多い近所よりも、遠くに行く方が外に出やすくなります。

この機会に、少し遠くの行ったことがない場所を探索するのがオススメです。

僕も、車で10分くらいのウォーキングコースに行くことようにしています。

平日昼間は、高齢のご夫婦がたくさん歩いていますが、挨拶はしても事情を聞かれることはありません。

HSPが過剰な不安感を和らげるために

過度な不安感を和らげる

自己分析してみる

僕は無職で時間がいっぱいあったので、徹底的にHSPについて調べてみました。

「なぜ、仕事でミスをすると自分を過剰に責めてしまうのか?」
「なぜ、こんなに転職を繰り返してしまうのか?」

原因がわからず、また就職しても辞めてしまうのでは?という不安を消したかったんです。

おかげで、ある程度「HSP気質の自分のこと」がわかってきました。

無職期間にやりたいことをリストアップする

今まで出来なかったことを、一通り書いて、気分が乗ったものからやってみる。

出来たことで、充実した日になり、達成感も生まれます。

  • 読書する
  • コンサートに行く
  • 凝った料理を作ってみる
  • 旅行に行く
  • 銭湯に行く

経済状況を把握する

無職期間は、失業保険の給付期間は別にして、収入がなく出ていくだけです。

おいしい物を食べるときも、余計な罪悪感が湧きます。

「働いていないのに、おいしいものを食べていいのだろうか・・」

ですが、「毎月かかるお金」や「使えるお金」を把握しておくことで、漠然としたお金に対する不安がなくなります。

今月は食費を抑えているから大丈夫だと、自分を許せます。

お金を稼ぐ方法を探してみる

日本人の感覚として、毎日決まった時間に出勤して、少しでもよい会社に勤めて、定年まで働いたら偉いと思われがちです。

しかし、時代は変わり、ネットが発達した現代では、在宅ワークという方法もあります。

お金を稼ぐにはサラリーマンという固定概念を捨てて、稼ぐ方法を探してみるのも一つの手です。

今は、YouTubeでもいろいろな人が、在宅ワークを丁寧に解説しています。
自分には無理。違う世界の話だと思わずに、一度挑戦してみると良いと思います。

在宅ワークで有名なのは
 ・クラウドワークス
 ・ランサーズ

ここでは、プログラミングや、ブログ記事を書くライティングなどの募集がたくさんあります。

スキルがなくても、勉強さえすれば、誰でも身につけることが出来ます。

知れば知るほど、これもやってみよう、これも勉強してみようという気持ちになります。

そして、時間も有効に使えます。
この先の人生で、知っていて良かったという知識が身に付くと思います。

僕が在宅ワークに挑戦した詳細はこちら

独学で学ぶなら
・本、動画で勉強する
・プログラミング学習サイトで勉強する

スキルを身につけたいなら
・プログラミングスクールに通う 

どちらも良し悪しがあります。自分に合った方法で探してみてください。

相談する

無職の期間が長くなると、自分には何も出来ないのでは?と疑心暗鬼になり、落ち込むという負のループに入る時があります。

勇気を出して、履歴書を送ったのに、不採用通知が届く。

僕の場合は、何度も書き損じつつ頑張って履歴書を送ったのに、不採用の連絡も、履歴書返送もないことがありました。

その会社に今後、客として関わる可能性があるのに、印象最悪です。

はやま
はやま

どんどん就職活動のモチベーションも下がる一方です・・

親しい友人に相談するのが一番ですが、相談しているとネガティブな言葉しか出なかったり、愚痴っぽくなります。

そして、家に帰ると自分を責めることになります。

「悲観的なことばっかり聞かせちゃったな・・」

HSPは特に、後からいろいろ考えて勝手に後悔、反省することばかりです。

もちろん、たまに話を聞いてもらうだけなら効果的だと思います。

無料で相談できる、転職エージェントを使うのもひとつの手です。

相談するメリットは

  • 紹介するのが仕事なので、気兼ねなく話せる
  • 具体的な転職のアドバイスがもらえる
  • 希望に沿った転職先を探せる

自分ひとりで探すのは限界があります。
プロのサポートを受けることで、開ける道もあります。

転職エージェントサイトは、リクルートエージェントなど

最後に

無職になる

無職になると、社会から切り離された感覚に陥り、2度戻れないのでは?と不安になります。

これまで、何度も無職期間を経験している僕も、無職になる度に全く同じ不安を抱きます。

しかし、いつも再就職して、みんなと同じように働けました。
あんなに社会復帰できるか不安だったのに、「なんだこんなものか」といつも拍子抜けしています。

働きだしてから、どうせなら無職期間にもっといろいろやりたかったなーっと思うのが、いつものパターンです。

僕はまだ無職ですが、今回は焦らずにいろいろな可能性を探していきたいと思います。

・・・・

結果、半年後に再就職することになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました