HSPはスピリチュアルにハマりやすい。霊能者に相談して分かったこと

HSPと仕事

転職したい。地元の北海道を出て、まったく別の場所に行きたい。

とことん悩んでいた時期のことです。

考えても分からな過ぎて、霊能者の方に今後のことを相談しました。

もともとスピリチュアルには、ずっと興味があって本をたくさん読んでいたので、まったく抵抗はありませんでした。

相談の前に、自分でオーラを見ようとした話しです。

スポンサーリンク

HSPとスピリチュアル「自分でオーラを見ようとする」

江原さんの本を参考に、自分でオーラをみる方法を試しました。

オーラの見方
  1. 部屋の照明を暗くする(うっすらと自分の手元が見えるくらいの明るさ)
  2. 膝の上に黒い布などを置く
  3. 手のひらを見る(特に指先あたり)
  4. 意識を集中する
  5. 指先から白い煙のようなものが見えてくる
  6. 明るいところで、鏡の正面に立つ
  7. 鏡の中の、自分の頭の少し上に意識を集中する
  8. オーラを見る

これで、僕は4番までは出来ました。
ここまでは、誰でも出来るみたいです。

指先から出ているのは、オーラというより、生きている人間は必ず出ているものみたいです。

白い煙のような、細かい水蒸気みたいなものです。
科学で証明できる人体から出るものらしい。

鏡の正面で、ジッと目を凝らしましたが、5番以降は僕には無理でした。

HSPとスピリチュアル「霊能者に相談する」

HSPとスピリチュアル

信頼のおける友達が、以前その方に見てもらったことがあるようで、そのときにズバリと言い当てられてしまったんです。

僕が人生に迷っていることを知っていて、その人がちょうど札幌にいるらしいから電話番号を教えてあげると言ってくれました。

その時僕は、地元の札幌に住んでいました。

わらにもすがる思いで、夜電話してけど出ず。翌日昼前に着信がありました。

「これから1時間なら、時間取れます」と指定されたホテルロビーで待ち合わせました。

  • 霊能者の男性(40代)
  • スーツを着た、普通の会社員のような雰囲気
  • 人のオーラを見ることができる

さっそく相談です。

はやま
はやま

「安定した仕事につくべきだと思うんですが、どんな仕事が向いていますか?」

「北海道にいるべきですか?それとも、北海道を出るべきですか?」

霊能者
霊能者

「営業に向いています」

「今は北海道から出ないほうがいいでしょう」

■相談をして僕が出した答え

『北海道を出て、人と関わりが少ない工場に転職する』

霊能者の方を信じなかったわけではありません。
ただ、自分の質問の仕方で、気付きました。

「〇〇すべき」ですか?と聞いていました。

自分が勝手な固定概念に縛られていることに気づき、世間体や勝手な思い込みで決めるのをやめて、行きたいところに行って、やってみたいことをしようと思いました。

よく、相談するときには、既に自分の中に答えが出ていて、それを後押ししてほしいだけだと聞きます。

まさにそれでした。

あと、霊能者の方にこんなことも言われました。

霊能者
霊能者

「あなたは、相談される側の才能があるので、タロットカードからはじめてみませんか?勉強したらできますよ。もしはじめたら私が指導します」

翌日、タロットカードを買いに行きました。
もう軸がブレブレです。

タロットカードを買いに行く

タロットカード

東急ハンズにありました。

さっそく勉強です。

カードの意味を解説した小冊子が入っていました。
めくった時の正位置、逆位置によっても意味が変わります。

しばらく小冊子を見ていたときに気づきました。

はやま
はやま

「これ、どうゆうふうにも解釈できるのでは?」

もうタロットカードを売ってしまったので、うろ覚えですが、例えば正位置で出ても、逆位置で出ても、「ただし〇〇」とか色々な意味があるんです。

絵柄が持っている物とか服装とか風景とか、1枚の絵に意味がある箇所がたくさんあります。

「あなたは今とても満たされています。ただし、気にかかることが心の隅にありますね」と、どうとでも取れるんです。

勝手な推測ですが、これはめくった時の相談者の反応に合わせてしゃべることを悩みに寄せています。

反応が良ければ、そちらをクローズアップして、話を進めていけば良いわけで、タロットカードは、そのきっかけに過ぎないものです。

2枚くらいカードの解説をじっくり読んで、そこから興味がなくなってしまいました。

中には、タロットカードが相談者の悩みに反応している。と言い張る占い師がいるかもしれませんが、僕にはそれは、話の糸口なだけで、水晶でもサイコロでもなんでもでいいんだと感じました。

まとめ

自分でオーラを見ようとして、霊能者に相談して、タロットカードを買った後は、全くスピリチュアル系の本を読まなくなりました。

覚めたというより、いくらなにかにすがっても、結局は自分で決めなければいけないし、その選択を誰のせいにも出来ないし、何十年後かに後悔するかどうかも、自分の気持ち次第です。

引っ越しや、転職など大きな選択をする時に基準にしている考え方

・「今の自分」が考え抜いて出した答えならば、数年後に後悔しない

・誰かに決めてもらったり、世間体を気にして出した答えなら後悔する

スピリチュアルは、心の支えになるし、導いてくれるものです。

ですが、それがすべてではありません。

あと、最後に霊能者の方に、僕のオーラの色を聞いてみました。

はやま
はやま

「僕のオーラの色を教えて下さい」

霊能者
霊能者

「シルバーですよ」

スピリチュアル「オーラの色」

オーラを放っている人
オーラの色特 徴
正義感とバイタリティーあふれる熱血漢。
情熱的で頼もしく、一つのことへの集中力と信念は飛びぬけています。
一方、思い込みがはげしく、落ち込むとなかなか立ち直れない極端さも。
オレンジ明るく朗らかなムードメーカー。
協調性があり庶民的なので、みんなに慕われます。
趣味は豊富ですが、キャリア思考は強くありません。
おっちょこちょいであきらめやすいのが欠点。
赤紫赤の情熱と、紫のやさしさを兼ね備えたタイプ。
調和を重んじ、すぐれたバランス感覚を持っています。
人に迷惑をかけたくないあまり、対人関係に距離をおきがちなところもあるようです。
やさしくて穏やかな面倒見がいいタイプ。
赤の情熱と青のクールさをあわせもっています。
崇高なものを求める気持ちが強い分、貪欲な競争心には欠けます。
お人よし過ぎる点に注目。
理性と知性に富む優等生タイプ。
まじめでおとなしく、人とは全く違う独自の感性で、崇高なものを求めています。
地味に見られがちなため、本来の知的さを理解されにくい損な面も。
自由奔放にわが道をゆく芸術家タイプ。
明るくポジティブな天才肌で、スピリチュアルな境地も高い人です。
こだわりが強く人と同じことを極端に嫌うため、周囲から浮いてしまうことも。
青紫いたずらに夢を持たない現実主義者タイプ。
現実をふまえた冷静な判断が得意なので、仕事のできる人として活躍します。
ものごとを斜に構えて見る傾向があるので、暖かさも心がけて。
どっしりとした安定感のあるタイプ。
やさしくて調和のとれた性格で、多くの友達に恵まれます。
知的で勤勉ですが、好奇心に乏しく無欲な面も。
時には冒険もしてみましょう。
非常に知的でクールなタイプ。
冷静な判断力で現実を鋭く見極める人なので、仕事も有能です。
ただし自己アピールやコミュニケーションはやや苦手。
冷たい印象を与えないように注意して。
黄緑グループをまとめるのが得意は平和主義者タイプ。
つねに安定した心をもち、朗らかなので周囲に好かれます。
流されやすいのが欠点で、場合によっては八方美人と思われることも。
ユーモアに富んだひょうきん者タイプ。
明るく朗らかで心根がよく、人を癒す存在感があります。
ただ、気弱で自己主張が苦手なのが難点。そそっかしくて早とちりも多いので気をつけて。
青緑思慮深くてやさしい、大人の魅力が漂うタイプ。
包容力があり、控えめで、ものごとにあまりこだわりません。
ただしそれが裏目にでて、よくわからない人と誤解されてしまうことも。
出典:「江原啓之スピリチュアルワールド」より

コメント

タイトルとURLをコピーしました