【HSPの対処法】過度な刺激から自分を守る|不安を断ち切る方法

HSPの特徴

HSPは五感が敏感で、刺激を受けやすい傾向があります。

・大声で話すひと
・キーボードの音
・大勢が集まる場所 など

日常生活には、刺激であふれています。
「みんな平気そうだから、自分が気にし過ぎかも」と思ってしまいますが、刺激の受けかたはひとそれぞれ違います。

ましてや、非HSPさんとは、受け取る情報量が違います。

「自分がつらいと感じる度合い」を基準に考えましょう。

この記事を読めばわかること
  • 「日常で受ける刺激」から自分を守る方法
  • 「漠然と感じる不安感」を断ち切る方法がわかります
スポンサーリンク

HSPの対処法「過度な刺激から自分を守る」

刺激を受けられる許容量は限られています。
刺激の量をコントロールしましょう。

もしも、過度に受けてしまった場合は対処法があります。

自分に最適な刺激のレベルを知っておく

最適な刺激のレベル

敏感な人や、内向的な人がするべきなのは、刺激を避け続けることではありません。
内向的な人でも、ときには「刺激が足りない」と思うこともあるのが当たり前です。

大事なのは「自分に適したレベルを見つけること」です。

そして、じっと自分の内側に集中し、受け止めた情報を整理する。

たいていの人は日々、周囲の環境やネット、SNSから大量の情報と刺激を受けています。
ときには、入ってくる情報や刺激を制限しましょう。

受け止めた情報を分類する時間と、心の余裕を持つことが大事です。

ニュースをチェックしすぎない

ニュース

「時代の流れに乗らなくては」と意識して、こまめにニュースをチェックしてまう人はたくさんいます。

ニュースで取り上げられるのは、「愛より暴力」です。

ストレスや不安の原因となって、気持ちがふさぎ込んでしまう恐れがあります。
こまめにニュースをチェックして、世界のあらゆる問題を知ることはエネルギーが必要です。

しかし、どんなにエネルギーを費やしたとしても、それが誰かの役に立つわけではないと、考え方を変えましょう。

もっとも、心に傷を負いやすい朝の時間帯には、ニュース記事を読まないようにする。

電話に振り回されない

電話に振り回される

作業に集中しているときに、電話が鳴ったせいで集中が切れてしまうことがあります。

特に神経を使うのは、相手が意見を求めてきたときや、電話をもらって嬉しいという反応をしなければいけないときです。

携帯電話をサイレントにして、着信は休憩のときに確認しましょう。

折り返し電話するときは、事前にメールで用件を聞いて、いつ電話するか決めましょう。

周囲の人と過剰に接触しないようバリアを張る

過激に接触
ストレスを感じる行為
  • 作業中に顔を見られる
  • 何の断りもなく、突然目の前に立たれる
  • 顔を覗き込まれる

下記のような暗黙のルールに縛られない
「黙っているいる人がいれば、話し始めても良い」
「話している人がいたら、終わるまで会話に参加しなければいけない」

どんなタイミングなら話しかけてもよいか、自分はどうゆうコミュニケーションを取りたいのか考えて、出来ればそれを伝えましょう。

できるだけ集団行動を避ける

過度な刺激

過度な刺激を受けると、集団の場にいるのが辛くなります。

1対1であれば、断ったり、休憩したいと言えると思います。
しかし、楽しそうにしている大勢の中にいるときは、「静かにして」とは言えません。

落ち着いて一人で休憩する時間が取れなそうな場合は、なるべく集団行動は避けましょう。

講演会などで、くたびれても、我慢して座り続けることが礼儀だと考えられています。
ですが、自分にとって心地よく、意義のあることだと思わない場合は違います。

できるだけ静かに、そっと足音を忍ばせて外に出ましょう。

部屋を出るのが難しい場合は、目立たないイヤホンをする。
コードは、髪やスカーフで隠し、また話を聞きたいと思うまで音楽を聴きましょう。

心を静められる活動に集中する

心を静める

新たな情報が余計に入ってこないようなことをして、心を静めましょう。

「半日かけて食事を作る」ことは、とても効果的です。

初挑戦のメニューではなく、日頃から作り慣れているものが良いです。

心を静めるのに効果的なこと
  • 家事全般(掃除、野菜の皮をむく、アイロンをかける、芝を刈る、庭の雑草とりなど)
  • セーターを編む
  • パンやケーキを焼く
  • ジョギングをする
  • ヨガやピラティスをする
  • 音楽に合わせて、部屋を動き回る(体が自然に動くのに身を任せる)
  • お風呂か、足湯に浸かる
  • 聞き上手な人に、起きたことを話す
  • 日記を書く
  • 絵を描いたり、音楽を作ったりするんなど、創造的なことをする

HSPの対処法「堂々巡りの不安を断ち切る」

敏感な人や、内向的な人は、想像力が豊かです。

それゆえに、物事が悪い方向へ行く可能性も見えてしまい、常に不安や恐怖心と闘っています。

これによって、失敗やアクシデントを回避できるので、悪いことだけではありませんが、もう少し心を楽にできるよう、コントロールする術を身に付けましょう。

最悪の事態ばかり想定しても得することはないと知る

最悪な事態を想定

もしも、「事故や災害が起きたらどうしよう」という慢性的な不安を抱いても意味がありません。
想定して、入念に準備しても、事故や災害は想像を超えてきます。

最悪な事態に陥っても、すぐに対処すれば、想定以上に恐ろしい事態になることはそうそうありません。

思考を断ち切り、「最悪なことが起きても、何とかなるさ」と声かけしましょう。

「いざというときには困難に対処できる」と自信を持つ

困難に対処する

敏感だったり内向的だから、他の人に比べて、困難にうまく対処できないと感じているならその逆です。

最悪の状況は、新たなクリエイティビティを発揮し、人生により深い意義を見出すことができます。

同じことが、人生の幕引きについても言えます。
いつかこの世を去らなくてはならないと、意識しておくのはよいことです。

ただし、「死」や「老化」について、あまり深く考えすぎるのはよくありません。

増えていくシワにばかり気をとられると、性的魅力は減退し、ついには病気がちになってしまいます。

老いや死を恐れすぎない

ポジティブなイメージ

常に病気を意識し、想像し続けるのはやめましょう。
自分の姿にポジティブなイメージを持つようにしましょう。

年配の人の大半は、人の目に自分がどう映るのかを、だんだん気にしなくなります。
完璧でいるという夢を手放したら、どれだけ楽しく、生きやすくなるのか想像してみましょう。

死に対するイメージばかり思い浮かべるのではなく、もっと心地よく美しいものを思い浮かべましょう。

まとめ

過度な刺激から自分を守る方法

  1. 自分に最適な刺激のレベルを知っておく
  2. ニュースをチェックしすぎない
  3. 電話に振り回されない
  4. 周囲の人と過剰に接触しないようバリアを張る
  5. できるだけ集団行動を避ける
  6. 心を静められる活動に集中する

堂々巡りの不安を断ち切る方法

  1. 最悪の事態ばかり想定しても、得することはないと知る
  2. 「いざというときには困難に対処できる」と自信を持つ
  3. 老いや死を恐れすぎない

コメント

タイトルとURLをコピーしました