【HSP診断テスト】5人に1人が当てはまる。あなたも繊細かもしれません。

HSPの特徴

エレイン・N・アーロン博士によるHSP自己テストです。

次の質問に、感じたまま答えてください。

診断方法
  • 少しでも当てはまるなら「はい」
  • 全く当てはまらないか、当てはまらない場合は「いいえ」
スポンサーリンク

HSP診断テスト

  1. 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
  2. 他人の気分に左右される
  3. 痛みにとても敏感である
  4. 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れる場所にひきこもりたくなる
  5. カフェインに敏感に反応する
  6. 明るい光や、強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
  7. 豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい
  8. 擬音に悩まされやすい
  9. 美術や音楽に深く心動かされる
  10. とても良心的である
  11. すぐにびっくりする(仰天する)
  12. 短期間にたくさんのことをしなければならないとき、混乱してしまう
  13. 人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調整したり、席を替えるなど)
  14. 一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
  15. ミスをしたり物を忘れたりしないように、いつも気をつける
  16. 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
  17. あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり神経が高ぶる
  18. 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
  19. 生活に変化があると混乱する
  20. デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
  21. 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
  22. 仕事をするとき、競争をさせられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
  23. 子どもの頃、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

以上の質問のうち12個以上に「はい」と答えた方はHSPでしょう。

「はい」が1つや2つしかなくても、度合いが極端に強ければ、HSPかもしれません。

エレイン・N・アーロン博士は、HSPの概念を提唱した方です。
高感度の人格を研究している臨床、研究心理学者および著者。

出典:講談社『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』

HSPの特性が分かりやすく書かれた「繊細さん」の本

HSP専門カウンセラー 武田友紀さんの本です。

繊細さんがラクになれる基本から、HSPの特性を活かす技術まで分かりやすく書かれていました。

本屋さんでも、一番目立つランキングコーナーに置かれていますね。

普段本を買う時は、ダウンロードして読みますが、手元に置いておきたくて本屋さんで買いました。

ワイドナショーで紹介された「HSP診断テスト」

  1. 一度にたくさんのことが起こっていると不快になる
  2. 忙しい日々が続くと、ベッドや暗くした部屋など、プライバシーが得られ、刺激が少ない場所に逃げ込みたくなる
  3. 明るい光や強いにおい、ごわごわした布地、近くのサイレンの音などにゾッとしやすい
  4. 短時間にしなければならないことが多いとオロオロする
  5. 生活に変化があると混乱する
  6. 大きい音や雑然とした光景のような強い刺激が煩わしい
  7. 他人の気分に左右される
  8. 大きな音で不快になる
  9. 一度にたくさんのことを頼まれるとイライラする
  10. 色々なことが自分の周りで起きていると不快な気分が高まる
  11. 競争場面や見られていると、緊張や動揺のあまりいつもの力を発揮できなくなる

監修:関西大学 串崎真志教授

ちなみに、出演していたロンブーの田村淳さんは、「HSS型HSP」と公表されていました。

松本人志さんも当てはまるものが多く、HSP傾向があるようです。

自分がHSPだと気づかせてくれた動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました